起業をする前の心得

会社から独立して心機一転新しいビジネスを始めたい、若いうちから自分のアイデアを武器に勝負したいなど、起業を考えている人は少なくありません。
新たなビジネスを始めるためには色々と準備することが多いのですが、やはり1番問題になってくるのがお金の問題です。
どこから資金調達をすればよいかわからない人も多いでしょう。
しかし、意外にも利用できる融資制度は多いです。
知っているだけで資金調達をかなり有利に進めることができます。

起業時に使える融資制度の種類

起業時に使える融資制度の種類 新規の起業家が利用できる融資制度に新規開業資金があります。
これは、新たに事業を始める人、あるいは事業開始後概ね7年以内の人が対象です。
限度額は7,200万円でそのうち4,800万円を運転資金として、2,400万円を設備投資資金として利用することができます。
返済期間は運転資金が7年、設備投資資金が20年以内ですが、2年間は据え置き期間が設けられています。
また、女性や若者、シニアの起業家に対してはその層を対象とした、支援資金の融資制度があります。
こちらは年齢制限さえクリアしてしまえば、ほぼ確実に融資を受けることができる点がうれしいポイントです。
起業家にとっては資金調達は難題の1つなので、ここを簡単にクリアできるのは大きいでしょう。
これらの精度は通常よりも年利が若干高めですが、連帯保証人の設定が不要な場合が多く、資金を早く調達できる点がメリットです。

融資制度の仕組みをしっかり把握してから起業する

融資制度の仕組みをしっかり把握してから起業する 起業する場合は、融資制度の仕組みを事前にしっかり把握してから起業することが重要です。
起業したばかりの会社は、金融機関からのお金を借りるのが難しい傾向にあります。
金融機関からお金を借りるのは難しくても、各地方自治体が儲けているシステムを利用することができます。
地方自治体には、中小企業が資金の調達に困っている場合に支援してくれるシステムがあります。
企業から資金を借りたいという申し込みを受けると、地方自治体は条件をクリアした企業に対して様々な支援をしてくれます。
金融機関が貸し倒れのリスクを減らすことができるため、起業したばかりの会社であっても融資が受けやすくなっています。
制度融資には様々なメリットがあります。
ノンバンクのビジネスローンなどと比べると金利が低いため、起業したばかりの経営者にとっては負担を軽減することができます。
据置期間が長いのも大きなメリットのひとつです。
据置期間というのは元本を返さずに金利だけを支払う期間を指します。
据置期間が1年前後に設定されている場合は、比較的余裕をもって返済することができます。
自治体の中には、金融機関の利息の一部や保証料を補助してくれるところもあります。
地方自治体にとって中小企業が潤うことは雇用や街づくりにとっても重要なことなので、資金の補助だけでなく経営のサポートをしてくれる自治体もあります。

起業融資の参考サイト

起業 融資