起業をする前の心得

起業する際に自治体の制度を使って融資を受ける方法

起業する際に自治体の制度を使って融資を受ける方法 地方自治体にとって地元企業から収められる税収はかなり大きな財源であり、優良企業に来てもらうための担当部局が存在します。
例えば「商工部」といった名称の部署があり、企業立地や企業誘致などを所管しています。
また、財団法人で中小企業振興センターという組織もありますが、地方によっては本庁内の商工部と駒の取り合いになってライバル関係にあるところもあるので、どちらに起業の相談をするかは慎重に選んだ方が良いです。
それぞれの組織がその時期に、知事の命令などによって特化している事業があり、その事業分野の誘致のために融資をはじめ、数々のインセンティブを用意して他県との差別化を図っています。
会社設立のための融資を受けたいと思ったら、詳細な起業プランを立てた上で自治体のホームページをみたり、商工部に問い合わせをしたりすると、担当課の職員が訪問してくれて、いろいろ事業計画などの話を聞いてくれます。
誘致したい事業については、既にインセンティブ制度について整備されており、パンフレットなどを使って説明してくれますが、複数回の交渉が必要となります。
銀行のような審査テクニックは持っておらず、資本金制限や従業員人数など多少の条件は設定していますが、それほど厳格な審査ではありません。
ただし、県が推進しようとしている事業プランに沿って、どれだけ寄与できるかを審査されるので、収益を上げられる根拠を示すことが重要です。

起業融資制度の利用で金融機関に頼らない資金調達を実現

起業融資制度の利用で金融機関に頼らない資金調達を実現 起業時に必要な資金を調達する際には、日本政策金融公庫が提供する新創業融資制度を活用するのが良いでしょう。
立ち上げたばかりの新規事業の場合には、実績が少ないだけではなく、金融機関への信用もない状態です。
起業のタイミングで資金が枯渇してしまっては、優れたビジネスプランであっても、事業が立ち行かなくなってしまうものです。
創業融資制度を活用することで、担保や保証人を用意しなくても、起業時に必要な資金の調達を実現することが可能になるのです。
創業支援を利用するにあたっては、どのような事業を営むかの事業計画書類と、返済をどう行っていくかを記載した返済計画書の提出が必要になります。
金融機関からの借り入れよりも遥かに低金利で資金調達ができるだけではなく、返済期間も長めになっているのも、創業支援の特徴でもあります。
創業支援を利用する方向けの申請書類作成を専門に行なう代行会社も存在しています。
自分で書類作成を行なうことに自信がない場合は、代行会社に依頼してみるのも良いでしょう。